>
>
>
>
事業推進室
>
田舎暮し体験住宅

青木村田舎暮らし体験住宅

 長野県全域が、新型コロナウィルスの感染警戒レベルが1に引き下げられました。感染リスクは、低くなってきておりますが、当面の間、体験住宅の利用を中止させていただきますので、ご了承下さい。

 

 

 「日本一住みたい村(田舎暮しの本2016年2月号:㈱宝島社出版)で田舎暮らしを体験してみませんか?」

 

 

青木村田舎暮らし体験ビデオ

空き家バンクのページへ

                                     

 

田舎暮らし体験住宅(青木区)

物件概要

所在地:

長野県小県郡青木村大字田沢(青木区)

面積:

63.76㎡2

建物構造:

木造地上2階建て(駐車場あり)

設備・備品:

家電製品(テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、電気炊飯器、掃除機、洗濯機)

台所用品 (食器類、調理器具一式)

  
外観    
            1階         2階

                                       

新型コロナウイルス感染症対策に伴う利用方法
 新型コロナウイルス感染症の予防対策(3密(密閉・密集・密接)の解消等)のため、当面の期間、通常より利用を制限して営業しておりますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 
 利用条件の設定
   1.次の(1)~(4)の条件に該当しない方 ※該当する場合は利用を制限させていただきます。
   (1)37.0度以上の発熱がある、または平熱比1度を超過している
   (2)息苦しさ(呼吸困難)や強いだるさの症状がある
   (3)咳・咽頭痛がある
   (4)過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある。
 
   2.「新型コロナウイルス感染拡大防止対策に伴う施設利用者名簿」(利用者名簿)の提出
    新型コロナウイルス感染症の防止対策により利用者の皆様の体調を確認させていただくため、
   「利用者名簿」を作成し、利用当日にお持ちください。
    ※確認後に利用者名簿はお返しいたしますが、利用日以降、1か月間は保管ください。
 
   新型コロナウイルス感染拡大防止対策に伴う施設利用者名簿 
 
利用できる方

青木村への定住・移住を希望されている方で、青木村空き家登録制度(空き家バンク)に登録している方又は登録を検討されている方を対象としています。(希望が重なった場合は登録している方を優先させていただきます。)

入居期間

おかげ様で好評につき、多数の方から「田舎暮らし体験住宅」のお問い合わせを頂いております。多くの方に青木村での移住・定住を前提とした体験をして頂きたいために、入居可能期間を「1日~7日間」とさせて頂いておりますので、ご了承ください。

利用料

無料(別途光熱水費がかかります)

申込み方法

(1)あらかじめ電話等による仮申請を行い、施設の空き状況を確認してください。

(2)使用希望日の3日前までに申請書を提出してください。(郵送可)
         日程を過ぎても申請が届かない場合は、取り消しとさせていただきます。
(3)村は申請書を受理した後、使用の適否を審査させていただきます。
(4)使用が許可と判断された場合は、許可書を交付します。
       (特に支障がなければ、使用初日にお渡しします)
(5)体験初日に契約書をご記入いただき、使用期間に応じた光熱水費を納入いただきます。
       (途中退去があった場合でも、日割りによる還付は行いません)
(6)使用期間の満了日または途中退去の日までに、退去の申し出をしていただきます。
(7)村は、退去申し出により施設の検査を行います。
(8)特に検査の結果に問題がなければ、鍵の返却をもって退去完了です。
       (破損個所等がある場合は、原則として使用者の責任により現状に回復していただきます)

青木村田舎暮らし体験住宅借用申請書
(利用ご希望の方は、必ず事前に役場商工観光移住課までご連絡をお願いします。)

 


お問い合わせ先・郵送先: 青木村役場 商工観光移住課
  〒386-1601
  長野県小県郡青木村大字田沢111番地
  電話:0268-49-0111  FAX:0268-49-3670